オーク事業承継コンサルティング

オーク事業承継コンサルティングのトップページへ
対策の必要性について 3つの対策ポイントとは 最良の解決方法とは何か ご相談の流れについて お問い合わせ、資料請求はこちらから


HOME > 用語集 > 除外合意・固定合意(民法特例)を利用する為の要件
用語集


除外合意・固定合意(民法特例)を利用する為の要件
以下の要件を満たす必要があります。
1.中小企業基本法上の中小企業(政令により範囲を拡大された業種を含む)であること。
2.3年以上継続して事業を行っていること。
3.上場株式を発行していないこと。店頭公開会社ではないこと。
4.「旧代表者(先代経営者)の要件」を満たすこと。
5.「後継者の要件」を満たすこと。
遺留分特例制度 除外合意・固定合意(民法特例)を利用する為の要件 中小企業基本法 未上場、非公開株式 旧代表者要件 後継者要件
<<元のページへ戻る
<<用語集トップへ戻る
お問い合わせ・無料相談
HOME │ 企業情報 │ リンク集 │ 個人情報保護方針 │ サイトマップ
ご相談ダイヤル:078-241-0390までお電話ください
Copyright (c) 2011-2016 OBSC All Rights Reserved.