オーク事業承継コンサルティング

オーク事業承継コンサルティングのトップページへ
対策の必要性について 3つの対策ポイントとは 最良の解決方法とは何か ご相談の流れについて お問い合わせ、資料請求はこちらから


HOME > 用語集 > 遺留分を回避する方法(後継者以外の子)
用語集


遺留分を回避する方法(後継者以外の子)
遺留分制度の趣旨から、遺留分に関する民法の規定は、強行法規性があります。従って、例えば相続される人が、遺言で、特定の子の相続分をなしにしても、当該子が遺留分を主張すれば、自動的にそれに見合う相続分が生じます。
しかし、事業承継という場面を考えた場合、例えば自社の株式であったり、社屋がある土地であったり、事業の継続に必要な個人財産については後継者に相続させたいものです。一方で、その財産の相続財産に占める割合が相当程度に及ぶ場合、後継者以外の相続人の遺留分を侵害する可能性は十分にあります。
そこで、推定相続人の全員の合意があれば、当該財産を、遺留分の算定基礎から除外する事が可能です。但し、この手法を採用するには、一定の条件があります。
相続 遺言 遺留分制度 民法の強行法規性 事業承継 遺留分侵害 遺留分の回避法 後継者以外の子
<<元のページへ戻る
<<用語集トップへ戻る
お問い合わせ・無料相談
HOME │ 企業情報 │ リンク集 │ 個人情報保護方針 │ サイトマップ
ご相談ダイヤル:078-241-0390までお電話ください
Copyright (c) 2011-2016 OBSC All Rights Reserved.