オーク事業承継コンサルティング

オーク事業承継コンサルティングのトップページへ
対策の必要性について 3つの対策ポイントとは 最良の解決方法とは何か ご相談の流れについて お問い合わせ、資料請求はこちらから


HOME > 用語集 > 遺言でも避けられない問題(遺留分)
用語集


遺言でも避けられない問題(遺留分)
遺言は、遺言者の生前の意思を死後に顕在化させる為の手法です。この点に鑑みれば、どの様な内容の遺言も問題なさそうです。しかし、民法は、
1. 相続が、相続人の生活保障の意義を有する点
2. 相続される人の財産の中には、相続する人の潜在的財産が含まれている事が多く、それを顕在化させる必要がある
等の理由から、相続財産の一定割合について、相続人に相続財産に対する権利が認められています。具体的には、
1. 直系尊属のみが相続人の場合、相続される人の財産の1/3
2. それ以外は、相続される人の財産の1/2
尚、この権利が認められる法定相続人に、兄弟姉妹は含まれません。
相続 遺言 民法 生活保障 潜在的財産の顕在化 遺留分 法定相続人
<<元のページへ戻る
<<用語集トップへ戻る
お問い合わせ・無料相談
HOME │ 企業情報 │ リンク集 │ 個人情報保護方針 │ サイトマップ
ご相談ダイヤル:078-241-0390までお電話ください
Copyright (c) 2011-2016 OBSC All Rights Reserved.