オーク事業承継コンサルティング

オーク事業承継コンサルティングのトップページへ
対策の必要性について 3つの対策ポイントとは 最良の解決方法とは何か ご相談の流れについて お問い合わせ、資料請求はこちらから


HOME > 用語集 > オーナー一族の相続対策(死亡退職金受給時)
用語集


オーナー一族の相続対策(死亡退職金受給時)
退職金には優遇税制があります(平成24年2月1日現在)。
(退職金の金額−退職所得控除額)×1/2
控除額は、下記内容にて算出します。
勤続年数20年以下⇒40万円×勤続年数
勤続年数20年超⇒800万円+{70万円×(勤続年数−20年)}
仮にオーナー社長が生前に退職金の支給を受けなかった場合、死亡退職金が支給される事が多いと思います。当該現金を、相続税の納税資金とする事も勿論出来ます。
また、退職金の支給により自社の株価は一時的に下がりますから、その間に、株式を贈与する事も考えられます。
加えて、逆転の発想ですが、このタイミングで自社の株式を金庫株とするならば、小さな評価額で多数の自社株を取得できる可能性があります。
退職金優遇制度 死亡退職金 贈与 金庫株 評価額
<<元のページへ戻る
<<用語集トップへ戻る
お問い合わせ・無料相談
HOME │ 企業情報 │ リンク集 │ 個人情報保護方針 │ サイトマップ
ご相談ダイヤル:078-241-0390までお電話ください
Copyright (c) 2011-2016 OBSC All Rights Reserved.