オーク事業承継コンサルティング

オーク事業承継コンサルティングのトップページへ
対策の必要性について 3つの対策ポイントとは 最良の解決方法とは何か ご相談の流れについて お問い合わせ、資料請求はこちらから


HOME > 用語集 > 剰余金分配可能額(自社の株式の買取に際して)
用語集


剰余金分配可能額(自社の株式の買取に際して)
自社の株式を買取る場合(例:金庫株)、財源規制があります。理由は、会社の財務内容を棄損しない為。
株式会社であれば、出資者(株主)は、出資の範囲でしか責任を負いません。それ故、会社債権者を保護する為に、無制限に自社の株式を買取る事は出来ません。
そこで、会社法が認めた剰余金の範囲でのみ、買取が出来ます。(参考 会社法446条)
剰余金分配可能額 財源規制 会社法446条
<<元のページへ戻る
<<用語集トップへ戻る
お問い合わせ・無料相談
HOME │ 企業情報 │ リンク集 │ 個人情報保護方針 │ サイトマップ
ご相談ダイヤル:078-241-0390までお電話ください
Copyright (c) 2011-2016 OBSC All Rights Reserved.