オーク事業承継コンサルティング

オーク事業承継コンサルティングのトップページへ
対策の必要性について 3つの対策ポイントとは 最良の解決方法とは何か ご相談の流れについて お問い合わせ、資料請求はこちらから


HOME > 対策の必要性
対策の必要性

事業承継対策が必要な理由とは?
後継者に安定経営できる資源・権限を承継させるためには、自社株や事業用資産を集中的に承継させなければなりません。
会社は誰のもの?
会社は「株主」のもの
「株式」を持つ者が、支配権を有します。100%株式を持っている人は、その会社のオーナーです。しかし「代表取締役」と言うだけでは、会社のオーナーではありません。
「株主」が会社の所有者だということは・・・
自社株の保有率によっては、後継者の地位が脅かされます。また、株式は「相続財産」です。従って「相続税」が生じます。相続税を納付するための現金をどのように準備すべきか、頭の痛いところです。


事業承継対策〜それで大丈夫ですか?
1.対策と真摯に向き合う
「事業承継」ときくと、オーナー社長の中には、自分自身の「死」をイメージする方がいらっしゃいます。後継者の側にとっても同じで、それ故に対策が後手にまわってしまう事があります。
2.事業承継の冷徹な一面
「会社法・民法・相続税法」等、法律だけで杓子定規に「決められてしまう」ことも多いのが現実です。
3.いつ始まるか判らない事業承継
突然体調を崩し、後継者に直ちにバトンタッチしなければならない可能性もあります。
4.最終的な判断はオーナー社長がしなければなりません
誰も、「そろそろタイミングですよ」等と教えてくれません。


事業承継対策の「悩み!」「疑問?」を解決します。
永続的な発展のために悩んでおられませんか?

自社株が分散しているが、何か問題があるのか?
相続対策で株式を分散させるように、とのコンサルティングを受けたが・・・。
キャッシュフロー対策の一環として、会社に多額の貸付金があるが・・・。
後継者の面倒を見てもらうのは社内の状況をよく知っている顧問税理士だと考えているが・・・。
事業承継とは、相続税負担を如何に減らすかを検討する事では・・・。


ご要望にお応えします


潜在的な問題点があるのなら指摘して欲しい。
自社にとって必要な自社株の対策が何かを、具体的に知りたい。
一般論ではなく、複雑な状況の中で最適な承継方法を知りたい。
最新の法規、税制に基づいた的確なアドバイスが欲しい。



お問い合わせ・ご連絡はこちらからお願いします

このページの一番上へ
HOME │ 企業情報 │ リンク集 │ 個人情報保護方針 │ サイトマップ
ご相談ダイヤル:078-241-0390までお電話ください
Copyright (c) 2011-2016 OBSC All Rights Reserved.