オーク事業承継コンサルティング

オーク事業承継コンサルティングのトップページへ
対策の必要性について 3つの対策ポイントとは 最良の解決方法とは何か ご相談の流れについて お問い合わせ、資料請求はこちらから


HOME > 医療法人の皆様へ > 7.みなし贈与課税の問題
1.医療法人の税金問題 2.現状確認の流れ 3.定款の内容確認 4.出資持分割合の確認
5.定款内容変更の検討 6.法人保険活用メリット 7.みなし贈与課税の問題 8.医療法人の出資の評価
「医療法人の皆様へ」に関するQ&A
医療法人の皆様へ
7.みなし贈与課税の問題

みなし贈与課税の問題

出資者への出資金返還の範囲が出資した持分の額のみで済む場合、内部留保の多い法人であればあるほど、現在の法人の価値に比較して返還される額が少なくなる。
返還を免れた
→他の者の持分が無償で増加した →贈与されたことになる。
また、出資を持つ社員が退社したのちに、出資を有する社員が全くいなくなる場合、医療法人を個人とみなして、贈与税課税が行われるという可能性もあります。

個人に「みなし贈与課税」が生じないための条件
(医政発第0608002号の内容から)




前の[6.法人保険活用メリット]へ / 7.みなし贈与課税の問題 / 次の[8.医療法人の出資の評価]へ


お問い合わせ・ご連絡はこちらからお願いします

このページの一番上へ
HOME │ 企業情報 │ リンク集 │ 個人情報保護方針 │ サイトマップ
ご相談ダイヤル:078-241-0390までお電話ください
Copyright (c) 2011-2016 OBSC All Rights Reserved.